脳梗塞治療を受ける【病院選びはとても重要】

リハビリや再発予防

看護師

なぜ発症したか

脳に病気が発症すると、少しのことでも重大な影響を及ぼす可能性があります。脳はすべての部分がそれなりに使われています。もし一部分でも使えなくなると、その部分から送られていた信号が送られないので、体を動かせなくなります。手足だけでなく、その他の器官に影響するときもあります。脳梗塞は脳の血管が詰まる病気ですが、早期に発見をして早期に治療をするとほぼ元通りの生活ができます。しかし、遅れればそのまま使えない状態にもなります。脳梗塞において医科的な治療が終わればリハビリを行います。まずは病院で日常生活が送れるまでの訓練を行います。ある程度終われば退院をして、自宅でのリハビリになります。自分だけでなく、家族にも協力をしてもらって行っていきます。病院ではある程度決まった内容しかできませんが、自宅なら自分の生活に合わせた体の動かし方に対応できます。ただし完全に戻らないこともあり、麻痺を残したまま生活しないといけないときもあります。脳梗塞は正常な人でも適度に起こります。治療が必要になるのはそれなりに重傷の人です。脳梗塞の治療をした後に意識したいのは、なぜこの病気にかかったかでしょう。それを知った上で、将来的に再発しないための努力をしていかなくてはいけません。問題になる生活習慣には喫煙と暴飲暴食があります。喫煙は血管に大きく影響を与えるので、辞められない人や禁煙外来などを活用しましょう。食事のバランスを取るよう心がけながら生活するようにします。

Copyright© 2018 脳梗塞治療を受ける【病院選びはとても重要】 All Rights Reserved.