脳梗塞治療を受ける【病院選びはとても重要】

首の痛みを引き起こす病気

腰

リハビリは医師と相談して

椎間板ヘルニアといえば一般的には「腰が痛くなる病気」というイメージがありますが、実は腰以外にも症状が出ることがあります。椎間板は背骨と背骨の間にあって衝撃を吸収するクッションのような役割を果たしていますが、この組織が何らかの原因で外にはみ出し、近くを通っている神経を刺激するのが椎間板ヘルニアです。頸椎は背骨の全域にわたって存在するので、頸椎・胸椎・腰椎のどの部分でも椎間板ヘルニアの可能性があります。このうち頸椎部分に発症するケースが、頸椎椎間板ヘルニアです。頸椎椎間板ヘルニアの代表的な症状は、首・肩の痛みやしびれです。重症化すると、上肢を動かすのが困難になることもあります。頸椎椎間板ヘルニアには、症状の程度に応じたさまざまな治療法があります。軽度であればはみ出た部分が自然に戻ることもあるので、首にカラーを巻いて安静にするといった保存的治療が有効です。重症の場合は、はみ出た部分を切除する外科手術などが行われます。また、セルフケアによっても頸椎椎間板ヘルニアの軽快を図ることが可能です。特に首の筋肉を鍛えるトレーニングは、頸椎の位置を安定させて痛みを和らげるのに役立つとされています。ただ、気をつけなければならないのは、こうしたトレーニングは正しいやり方で適量を行わないと、患部を刺激して却って症状を悪化させるリスクがあるということです。我流のトレーニングは慎み、医師とよく相談してその指示通りに行うことが大事です。

Copyright© 2018 脳梗塞治療を受ける【病院選びはとても重要】 All Rights Reserved.