脳梗塞治療を受ける【病院選びはとても重要】

ヘルニアになる原因とは

女性

加齢や生まれつき及び姿勢

頚椎に関しては7個の椎骨からでき、椎骨間に存在している軟骨を椎間板と言います。椎間板が色々な要因で膨らんだり、飛び出した状況が頸椎椎間板ヘルニアになります。ヘルニアとは、臓器が存在するべきポイントから出た状況を指します。頸椎椎間板ヘルニアは、若年層には少なくて、30から50歳代に多いため椎間板の老化現象が主だった根本要因と考えられています。ほかの原因は、椎間板が生まれたときから弱いことがあげられます。その上一番重要な頸椎椎間板ヘルニアの原因とされるのが悪い姿勢になります。どのような人も加齢現象は回避不能ですし、生まれたときから椎間板が弱かった場合、そういったことを変えることはできません。しかしながら、不良姿勢に関しては自分自身のせいでもあり、一変することも可能なので、重要な原因と言えるでしょう。 頚椎の椎間板に関しては5キロある頭の重さの支えになっています。姿勢がよくないと、頭そのものが前面に突き出ます。そうなってしまうと、頚椎並びに椎間板にかかる負担が増え、椎間板が傷むことになります。椎間板は血管がほとんどありませんのでひとたび傷むと元の状態に戻りません。 不良姿勢の状態で椎間板へとかかる負荷が増加することで病状がますます悪化します。姿勢が異常になると、頭の重さそのものが椎間板へと非常に強い負荷を与えて、加齢現象並びに生まれたときからの椎間板の脆弱性と互いに影響し合って、頸椎椎間板ヘルニアが引き起こされます。

Copyright© 2018 脳梗塞治療を受ける【病院選びはとても重要】 All Rights Reserved.